全ての症状に最前の治療を。

私は、高校2年生の時に、交通事故に遭い、半年間まともに歩けない日々を経験しました。
小学校の頃からやっていたバスケットボールもできず精神的にも辛い日々でしたが、辛いリハビリを乗り越え、部活に復帰し高校生活最後の大会で、ほんの数分でしたが試合にでれたこと、仲間と最後にプレイできたことが最高の思い出となっています。
辛いリハビリを乗り越えることが出来たのは、理学療法士の先生の支えがあったからでした。
怪我のケアはもちろん、精神的な支えにもなってくれたことがとても大きかったと感じ、その影響で理学療法士の道を志すことを決めました。 理学療法士の資格取得後、医療の現場で医師と連携しながら主に肩や腰、膝や股関節などの手術のリハビリに携わりました。多くの患者さんに触れれば自然と、さらに多くの症状を治せるようになりたい、高い治療技術を習得したいという想いが強くなります。
スポーツ障害や整形外科に特化した治療技術を求めて整形外科医院で経験も積みました。 しかし、医療の現場で与えられた役割の中では出来ることも限られています。患者さんが手術という決断に至るまでに、他の治療の選択肢も十分に与えてあげたい。患者さんが望むサポートを、最大限してあげたいと考えるようになりました。 かはな治療院では、かつて自分が高校時代にしてもらったのと同じように、治療者として肉体的にも精神的にも患者さんを支えてあげたいと考えています。

全ての症状に最前の治療を。

私は、高校2年生の時に、交通事故に遭い、半年間まともに歩けない日々を経験しました。
小学校の頃からやっていたバスケットボールもできず精神的にも辛い日々でしたが、辛いリハビリを乗り越え、部活に復帰し高校生活最後の大会で、ほんの数分でしたが試合にでれたこと、仲間と最後にプレイできたことが最高の思い出となっています。
辛いリハビリを乗り越えることが出来たのは、理学療法士の先生の支えがあったからでした。
怪我のケアはもちろん、精神的な支えにもなってくれたことがとても大きかったと感じ、その影響で理学療法士の道を志すことを決めました。 理学療法士の資格取得後、医療の現場で医師と連携しながら主に肩や腰、膝や股関節などの手術のリハビリに携わりました。多くの患者さんに触れれば自然と、さらに多くの症状を治せるようになりたい、高い治療技術を習得したいという想いが強くなります。
スポーツ障害や整形外科に特化した治療技術を求めて整形外科医院で経験も積みました。 しかし、医療の現場で与えられた役割の中では出来ることも限られています。患者さんが手術という決断に至るまでに、他の治療の選択肢も十分に与えてあげたい。患者さんが望むサポートを、最大限してあげたいと考えるようになりました。 かはな治療院では、かつて自分が高校時代にしてもらったのと同じように、治療者として肉体的にも精神的にも患者さんを支えてあげたいと考えています。

ターニングポイントになるような治療院を目指して

staff-prof
熊谷祐樹
理学療法士・はり師・きゅう師
「KAHANA」は、 ハワイ語でターニングポイントを意味します。 ここでの治療が、患者さんにとってのターニングポーントとなって欲しい。 そのような想いから、この名前を付けました。 ハワイのカフェのように、くつろぎながら リラックスした状態で 治療が受けられるような治療院を目指しています。

ご予約はお電話にて承ります

0545 - 67 - 7073
診療時間 15:00〜20:30 ( 月〜金曜 )
 9:30〜20:30 ( 土曜 )
休診日 日曜・祝日