サッカー

サッカーは、ダッシュ、ジャンプ、スライディング、サイドステップ、急激な方向転換、サッカー特有のキック動作などを相手競り合いながら行います。このような動作を必要とするサッカーにおいて、多くみられる症状は、 鼠径部痛症候群(グローインペイン)、腰痛、腰椎分離症、フットボーラーズアンクル(足首前方の痛み)、足関節捻挫、肉離れ、筋挫傷、膝の靭帯・半月板損傷などがあります。

野球・ソフトボール

野球やソフトボールは、投球の過多や投球フォームの崩れにより野球肩や野球肘の症状が多くみられます。また、バッティング動作においては、腰へ負担がかかりやすく、腰痛や、腰椎分離症などもみられやすいです。

バレーボール

バレーボールは、ジャンプすることが多い競技であるため、ジャンパー膝やジャンプ着地時の足関節捻挫が多く見られます。また、スパイクやサーブフォームの崩れによる肩の痛み、スパイク時の腰の反り返りの負荷による腰痛、腰椎分離症、ブロックやオーバーハンドレシーブによる突き指などがみられます。

陸上・マラソン

短距離や跳躍競技では、瞬発的な身体の移動を必要とするため肉離れや、アキレス腱の痛みなどが多くみられます。長距離やマラソンでは、ランニング動作の連続が必要となるため、シンスプリント、足底腱膜炎、腸脛靭帯炎、足の疲労骨折などが多くみられます。投てき種目では、肩や肘などの痛みや、腰痛が多くみられます。

バスケットボール

ジャンプやストップ、急激なターンを繰り返すバスケットボールは、ジャンパー膝、 ジャンプ着地の失敗による足関節捻挫、膝の靭帯・半月板損傷などが多くみられます。

バドミントン

オーバーヘッドでのスイングの繰り返しによる肩の痛み、テイクバック時の腰の反り返りによる腰痛、腰椎分離症、ジャンプ、バックステップの急激な動作の繰り返しによる、肉離れ、膝の痛みやアキレス腱の痛みなどが多くみられます。

テニス

フォアハンドでは内側の肘の痛み、バックハンドでは外側の肘の痛みなどのテニス肘、さらに手首の痛みが多くみられます。また、サーブやスマッシュによる肩の痛みや腰痛、着地時の足関節捻挫や肉離れなどがみられます。

ゴルフ

ゴルフスイングにおいて、ダウンスイングからインパクト、フォロースルーにかけて腰を入れると急激な側屈と回旋という腰の動きが強制され腰痛がでること多いです。また、肩の痛みや、いわゆるゴルフ肘という肘の痛みが多くみられます。

チア・バレエ

チアリーディングやクラシックバレエは、競技特性から身体の全身の関節の可動範囲を大きく必要とします。それにより、肉離れや、腰痛、腰椎分離症などが多くみられます。 ジャンプ着地の失敗による足関節捻挫も多くみられます。

柔道・剣道

柔道は、受け身の際に怪我をしやすく、肩の脱臼、手首の痛み、膝の靭帯損傷などがみられます。剣道は、踏み込みや蹴りだしなどの繰り返しによるアキレス腱の痛みや、足関節・足指の痛み、腰痛などが多くみられます。

水泳

クロールや背泳ぎの際に、腰は反り腰の状態になりやすく、バタフライや平泳ぎでは息継ぎの際に腰に負担がかかります。さらに、ドルフィンキックでも腰へ負担がかかりやすいことから、腰痛や腰椎分離症が多く見られます。また、腕でストロークを確保するために、肩に負担がかかりやすく、肩の痛みも起こしやすいです。

ご予約はお電話にて承ります

0545 - 67 - 7073
診療時間 15:00〜20:30 ( 月〜金曜 )
 9:30〜20:30 ( 土曜 )
休診日 日曜・祝日