22672531_s

【症例報告】両側腰椎分離症・すべり症による腰痛や足の痛みの患者さん 男子 高校生 ソフトボール その後の経過③

【症例報告】
両側腰椎分離症・すべり症による
腰痛や足の痛みの患者さん 
男子 高校生 ソフトボール 
その後の経過③

中学生の時に
腰椎分離症の診断を受け
その後一時症状は落ち着いたものの
半年程前に症状が悪化し
来院された患者さん


「症状はどのような感じですか?」

『同じ姿勢で座っていたり、立っていると
お尻から両足にかけて痛くなってきます』
『なので、授業中も辛いし
部活も休んでいます』

両足への放散痛が強く
部活だけでなく
学校生活にも支障が出る程の痛みでした
       ・
       ・
       ・
9診目以降
その後は練習も参加できるようになり
日によって腰痛
モモにかけての痛みは
出たりするものの
痛みが出てから
症状が長引くことは
なくなってきました

そして
治療開始から7ヶ月

「最近調子はどうかな?」

『腰も足の痛みも
ほとんど出なくなってきました!』

『練習もやれてますよ^ ^』

「よかった!!いい感じだね!!」

この頃には
日常生活や部活動でも
症状はほとんど出なくなっていました

そして
治療開始から10ヶ月
高校生最後の大会

県大会を勝ち進み
東海大会へ

試合もフル出場し
あと少しでホームランの活躍もあったようです^ – ^

そして、、、
東海大会優勝

痛みもなく
最後の大会を終えることができました

ここまで
良く頑張ってくれました

優勝おめでとう
         ・
         ・
         ・

腰椎分離症は
私は治るものだと
思って
患者さんに向き合っています^ ^


Share this post

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email