IMG_1038

【症例報告】右の腰が痛い患者さん 高2 サッカー 腰椎分離症 その後の経過

【症例報告】
右の腰が痛い患者さん
高2 サッカー
腰椎分離症
その後の経過

1週間ほど前に
テスト勉強をしていて
腰痛がではじめ

サッカーの練習で
強めのインステップキックを
蹴って
腰痛が悪化

中2の時に
右腰椎分離症の診断を受け
骨癒合はせず
腰痛が軽減したため
復帰

その後
時々腰痛は出るものの
今回は痛みがいつもより
長引いているとのことで
来院してくれた患者さん


本日2回目の治療

「腰の痛みはどうかな?」

『治療してもらった後から
前屈はもう何も痛くないです!』

「良かった^ ^」

「前屈してみて」

「おー、いいね!!」

「捻る動きはどうかな?」

『これも大丈夫です!!』

「良かった^ ^」
「治療の効果があったみたいだね」

「復帰に向けて
練習再開した時に痛みが
再発しなように
今日は治療と
トレーニングをやっていくね」

『はい!お願いします』

まずはカチカチだった
お尻周りの筋肉から

「前回より
だいぶ柔らかくなってるよー」
「しっかり自主トレもできてたね」

『はい、やってましたよ』

『でも、今やってもらうと
やっぱい痛いですね、、、、、』

「今日は、より深いところの筋肉を
治療してるからね!」
「ちょっと頑張ってよーー」


腰椎分離症の治療は
股関節の可動域を徹底的に広げること
腰骨の上にある
胸椎の可動域を徹底的に広げること
で概ね痛みは取れていきます

あとは
腰に負担をかけないような
身体の使い方を身につけること

これは
トレーニングで修正できます

「よし、じゃー
トレーニングするよ!!」

トレーニングは
主に
体幹をしっかり固めながら
股関節、胸椎が
正しい動きの方向で使えるように
なることを目指します

そうすることで
運動中に
腰に過度な負担が
かからなくなってきます

しっかりと
運動を覚えてもらい
今日の治療は終了

「来週の復帰に向けて
しっかりトレーニング
やっておいてね^ ^」

『はい!頑張ります!!』

Share this post

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email