24329603_s

【症例報告】左の腰が痛い患者さん 20代 女性 デスクワーク 富士市 腰痛

【症例報告】
左の腰が痛い患者さん
腰痛
20代 女性
デスクワーク
富士市

昨日の仕事中から
左の腰が痛くなったと
来院された患者さん

慢性的に腰痛があり
今回のように
時々ひどい腰痛が起こると

「今はどのような動きで
痛みがありますか?」

『腰を反らす時と
座っていて腰が丸くなった時と
座っていて体を右に回した時に痛いです』

「分かりました。しっかり治しますね」

痛みが出る動きを確認し
治療していきます

まずは、背骨の動きを調整し
骨盤と背骨の動きをよくします

左側の股関節の動きも悪かったので
股関節周りの筋肉の硬さをとり
硬さで機能不全を起こしていた
臀筋の筋出力を上げます
これらの治療をして

「これで一度痛みが出ていた
動きを確認してみてください」

「どうですか?」

『腰を反らした時の痛みは和らいでいます』
『右に腰を捻るとまだ痛いです』

「分かりました」

右に体を捻った時に
首〜胸椎にかけての動きが
スムースに出ていませんでした

首の動きを出しもう一度
腰を右に捻った時の
動きの確認をします

「痛みはどうですか?」

『痛くないです!』

「良かったです^ ^」
「出来るだけ限界のところまで
右側に腰を捻ってみてくだい」
「この時はどうですか?」

『これでも痛くないですよ』
『少し違和感はありますが』

最後にその違和感をとるために
左腰周囲に
ハイボルテージと超音波の
コンビネーション治療

今日の治療は終了


3日後の来院

「痛みはどうですか?」

『治療してもらって
次の日には全く痛みがありませんでした』
『また痛みが出るのが怖いので
念のためもう一度診てもらいたくて
ご連絡させていただきました」

「痛みが取れたようで安心しました^ ^」




今回腰が痛くなった経緯を
しっかり聞いていくと
最初は背中に痛みが何日間か続いて
その後に腰が痛くなったとのことでした

なので
首〜胸椎(背中)にかけての治療をした後に
腰痛がしっかり取れたのだと思います





Share this post

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email