23196360_s

【症例報告】左膝の内側が痛い患者さん 男性 ランナー その後の経過

【症例報告】
左膝の内側が痛い患者さん
男性 ランナー
その後の経過

10日程前から
走っている時に
左膝の内側が痛くなり

整形外科を受診し
ヒアルロン酸注射の治療も
効果がなく
週末の大会では
どうしても走りたいと
来院された患者さん

本日2回目の来院
大会本番当日

「膝の調子はどうですか?」

『連絡させてもらったように
治療してもらった後すぐに
走りに行きましたが
違和感程度で痛くなく走れましたよ!』

『2日後に走った時は
少し痛みはありましたが
ズキッとしていた痛みから
その時はなんとなく
鈍い痛みが少しある程度でした』

『先生、本当ゴッドハンドですよ!』


「いやぁーありがとうございます
でも本当に安心しましたよ^ ^」

「今日もしっかり治療して
午後の大会では良い状態で
走れるように頑張りますね」

『はい、よろしくお願いします』


さっそく治療していきます

前回の治療効果が良かったので
治療ポイントは
前回と同じようなところを
よりしっかり調整しました

カチカチだった
股関節内転筋の張りも
だいぶ落ち着いていました

以前ケガをした
ふくらはぎの肉離れも
前回より良い状態

しっかり調整して
最後に
キネシオテーピングを巻いて
治療終了

「大会楽しんできてください!!」

『はい、本当にありがとうございました』


その日の夕方
患者さんからご連絡いただきました

『無事に走りきれました!
先生のお陰です!
ありがとうございました!^ ^』

大会で無事に走りきれたようです
良かったです^ ^

Share this post

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email