-2112027688868423370_IMG_0314

【症例報告】左アキレス腱の痛み 40代ランナー

【症例報告】
左アキレス腱の痛み
40代 男性 ランナー

1ヶ月の走行距離は、250〜300キロの患者さん。
1週間前から、ランニングの際に左アキレス腱の痛みがあり来院下さいました。

「今、痛みがでる動きなどはありますか❔」
「特別ないですが、ここをつまむと痛いです」

「こんな感じでしょうか❔」
「痛てててっ!!

軽くつまむ程度でも痛みが強くでる状態。

足のアライメントをみてみます。
両方の膝裏が真上を向いた状態で、左のかかとが内側へ倒れています。

もう一つ気になるのが、
腓腹筋とアキレス腱の筋肉と腱の移行部分の腫れぼったさ。

ちょうどこの辺り↓

立った状態でも姿勢をみてみます。
左の膝が内側を向いて、膝の裏側が外を向いています。
さらに、大腿骨も前へ偏移しています。

ここまでで、アキレス腱に負担をかけている原因がイメージできました。(説明すると長くなりますが(^^;)

まずは、もも内側や付け根の筋肉から治療

「痛いぃぃぃ〜、、、」
「楽になるので、頑張って下さい!!」

続いて、膝裏の内側

「うあぁー、ここもやばいですっ」

ふくらはぎの筋肉と腱の移行部の癒着は、
超音波とハイボルテージのコンビネーション治療で。

アライメントはこう変わりました。

左のかかとが内側へ倒れていましたが、まっすぐを向きました。

立っている姿勢では、内側を向いていた膝がやや後ろほ向くようになり、前へ偏移していた大腿骨も後ろへ下がりました。

最後にアキレス腱をつまんでみます。

「痛みはどうですか❔」
「まだ痛いですけど、最初よりは全然いいですっ」

また走ってみて様子を聞かせて下さいね(^ ^)

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email