2620032109648990822_IMG_0573

【症例報告】左のもも裏と右の前ももが痛いです サッカー 高3 肉離れ 富士市

【症例報告】
左のもも裏と右の前ももが痛いです
サッカー 高3
肉離れ
富士市

2ヶ月程前に右の前もも(大腿直筋)の肉離れを起こし、
今は、少し気になる程度まで回復

今回は、左のもも裏(ハムストリングス)の痛みでの治療
ダッシュトレーニングで痛めたようです

なぜ痛めてしまったのか、原因を探っていきます

まずは、姿勢をみてみます


赤い線の上に、身体の重心が乗っかることで、身体の筋肉や関節に負担が少なくてすみます

腰の反りが強く、骨盤も前に傾き、重心が全体的に前へ流れています。

↓の絵で説明するように、このような反り腰のタイプは、前もも、後ろももの筋肉のバランスが崩れ、今回のような、大腿直筋、ハムストリングスといった筋肉に負担をかけやすくなります


この反り腰が基本の姿勢となり、ダッシュ、キック、切り返しなどの動作を繰り返すことで、筋肉の怪我に繋がります

治療前後で比較してみます

治療前
治療後

治療後は、赤い線の重心線に体全体が近づきました
(耳と肩の位置を見るとわかりやすいです)

↓次に、前屈の動きをみてみます


お尻が後ろに引けて前屈しています
この前屈の仕方だと、もも裏の筋肉は伸ばされやすくなります

治療前後で比較してみます

治療前
治療後

治療後はお尻の後ろへの引きが減りました

↓最後に身体の反り方をみてみます


身体を反ると、股関節の動きが少なく、
膝を曲げているのがわかります

治療前後で比較してみます

治療前
治療後

股関節の動きが出て、膝が曲がらなくなりました

まだ所々に硬い筋肉があるので、そのあたりの肉質を整えることでさらに良くなります

スポーツ全般的に多い肉離れは、このように身体のバランスの崩れからきます

特に、真面目に一生懸命頑張っている選手に発症します
どんなに、自分でケアをしていても、全力で練習に打ち込んでいれば、筋肉の肉質は硬くなってしまいます

怪我が頑張る選手の邪魔をしないように、サポート出来ればなと思っています

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email