-2479763015031513661_IMG_0727

【症例報告】右の内ももが痛いです 内転筋肉離れ 高2 サッカー 富士市

【症例報告】
右の内ももが痛いです
内転筋 肉離れ
高2 サッカー
富士市

1ヶ月前に徐々に右の内ももが痛くなり病院受診
その後、内転筋の肉離れと診断

部活は休み、超音波や電気治療などのリハビリ通院を行い
痛みが軽減したため練習へ復帰

復帰し数日後、ロングシュートを蹴った際に
再び内転筋の肉離れを再発し
今回来院くださいました

「今、症状はどんな感じかな❔」

『走ったり、股関節を外側に開くと痛みがあります』

肉離れは、その肉離れを起こした筋肉だけを
治療してもよくならないことがほとんどです

例え痛みが緩和しても
今回の患者さんのように
スポーツに復帰すれば再度同じ部位を痛めてしまうケースがほとんどです

しっかりと原因を探り治療していかなければ治りません

原因を探っていきます

寝ている姿勢


立っている姿勢


身体を反った時の身体の使い方


股関節、足関節の可動生

股関節周りの筋力

内転筋に負担をかけているであろう根本の原因をイメージし治療していきます

今回の主な原因は、お尻周りの筋力不足でした

治療では、臀筋がしっかりと働くように環境を整えて
自主トレーニンングをしっかり覚えてもらいました

2回の治療後、練習に復帰し

患者さんからご連絡をいただきました↓

〝こんばんは

 怪我の報告です

 3日前から走ったりボールを蹴ったりしましたが

 痛みゼロです!

 ありがとうございました!

 またお願いします!〟


Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email