-3267442703124589361_IMG_0981 2

自分で出来る、腰椎分離症・腰痛の治し方 仙腸関節編

サッカー、野球、バレーボール、陸上などのスポーツにおいて起こりやすい腰椎分離症

腰椎分離症は特に、身体を後ろにそる動きで腰に痛みが出ます


また、病院などで腰椎分離症の診断を受けていなくても

身体を後ろにそる動きで腰に痛みがでる腰痛の


『自分で出来る、腰椎分離症・腰痛の治し方』を
解説していきます

今回は、仙腸関節編ということで
骨盤の関節である仙腸関節の動きの出し方についてです


硬式テニスボールを2つ用意します


テニスボール2つを重ね、固定します
固定の方法は、固定さえできていればなんでもオッケーです(ガムテープ、テーピングなど)

私はテーピングを使って固定しました


テニスボールを仙骨という、いわゆる尾てい骨にあてていきます

尾てい骨はお尻の割れ目の上にあり、指で触った時にボコッとしている一番触りやすいところです

ボコッとしたところに2つのテニスボールの真ん中が来るようにあてます

↓下の写真をいくつか参考にして下さい



上からの感じ



横からの感じ



全体的な感じ



全体的な感じ


場所がわかったら、テニスボールを置いたまま
上むきに寝ます


この状態で1〜2分じっとしています

症状が強い方は、初めのうちはテニスボールを置いた部分がとても痛く感じるかもしれません

その場合は、寝た状態で、両方のヒザを曲げ立てて置くと痛みが和らぎます

理想は、『痛気持ちいい』という感覚です

1〜2分行い、腰をそったりしてみて、最初と比べ痛みが和らいでいるようでしたら、続けてみて下さい

1日に1〜2回程度で十分です


なぜこれで腰を反った時の痛みが和らぐのかというと、
硬くなった仙腸関節が(↓赤矢印の方向に)動き、すぐ上にある腰椎の負担を減らしてくれるのです

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email