5788583961941017243_IMG_0967

自分で出来る、腰椎分離症・腰痛の治し方 お尻の筋肉編

サッカー、野球、バレーボール、陸上などのスポーツにおいて起こりやすい腰椎分離症

腰椎分離症は特に、身体を後ろにそる動きで腰に痛みが出ます

また、病院などで腰椎分離症の診断を受けていなくても

身体を後ろにそる動きで腰に痛みがでる
伸展型腰痛の

『自分で出来る、腰椎分離症・腰痛の治し方』を
解説していきます

今回は、お尻の筋肉編ということで
中臀筋・大腿筋膜張筋という筋肉のほぐし方についてです

なぜ、中臀筋・大腿筋膜張筋をほぐす必要があるのかと言うと、
股関節や骨盤の動きに大きく関わるからです

股関節や骨盤の動きが少なくなると、スポーツ動作や日常生活の動きの中で、その分を腰がカバーするようになります

そして、結果的に腰痛や腰椎分離症を引き起こすきっかけとなるのです

では、さっそくほぐし方を解説していきます


硬式テニスボールを2つ用意します


テニスボール2つを重ね、固定します

固定の方法は、固定さえできていればなんでもオッケーです(ガムテープ、テーピングなど)


私はテーピングを使って固定しました


次に、中臀筋の場所を確認します

↓青くなっている場所が、右の中臀筋です
お尻の横にあります


ここにテニスボールをあてて、横向きに寝ます


特に痛みがあるところを探り、
この状態で1〜2分程度キープします

中臀筋がかなり硬くなっている方は、最初のうちはとても痛いと思います^^;

次に、大腿筋膜張筋の場所を確認します
↓青い部分がそうです

お尻の横の筋肉で、中臀筋よりも少し前になります


このような姿勢になるとほぐしやすいです

この状態で1〜2分キープします


これら2つのほぐしは、
1日1〜2回できるとベストです

中臀筋のほぐしが痛すぎる場合は、
大腿筋膜張筋のほぐしの姿勢のように
腕や足を使って、テニスボールの部位にかかる圧を
和らげて行うのも一つです


Share this post