2176132527818171225_IMG_0681

【症例報告】投球の時に右の肩が痛くなります 高1 野球

【症例報告】
投球の時に右の肩が痛くなります
高1 野球

投球の際に、右の肩が痛くなると来院下さいました

私が投球肩を治療する際に、肩の状態を確認するのに
必ず行うのが

2nd 内旋の可動性の確認↓


この状態で、手のひらをベットに近づけていき
どの程度まで倒せるか確認します

理想は、出来るだけベットに手のひらが近づくこと

今回の患者さんは、だいぶ硬さがありました

指で押してもこの程度↓


治療後はこの程度まできました↓


指で押すとさらにもう少し動きが出ました


投球動作を行う上で
重要な動きの一つだと考えています^ ^

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email