-6048128675526347316_IMG_1232

【症例報告】ボールを蹴るときに右の股関節の付け根が痛いです 鼠径部痛症候群(グローインペイン)/サッカー 高3

【症例報告】
ボールを蹴るときに右の股関節の付け根が痛いです
鼠径部痛症候群(グローインペイン)
サッカー 高3

3週間前からボールを蹴るときに
右股関節の付け根に違和感を感じ
だんだんと痛みに変わってきた患者さん

「ボールを蹴るとき、特にどの動きのときに
痛みが出るのかな❔」

『足を後ろに反らすと、この辺の付け根のところが痛いです』


『今もこの動きのときに痛いです』
『痛みがひどくなるのが怖くて、なかなか強いボールも蹴れないんですよ』

「分かりました、じゃあ治療していくね」

サッカーで股関節の動きが硬くなる患者さんで
比較的共通して硬くなっている筋肉があります

まずはその筋肉から重点的にほぐしていきます

『痛ったあああぁぁーー!!!いやーやばいですね、、』

予想通り、ガチガチ(^_^;)

『そんなところの筋肉も、付け根の痛みに関係してるんですか!!??』

「もちろん!!だから、ちょっと頑張ってよーー」

ある程度ほぐして一度動きの確認


「痛みはどうかな❔」

『あれ、いいです!さっきより痛くないです!!』

「でしょ!!もう少し治してくね!!」

さっき治療した筋肉をもう少し丁寧にほぐし
さらに、股関節の動きの邪魔になっている筋肉を
ほぐしていきます

『うぅーー、まだ痛いですけど、、だんだん慣れてきました』

「だんだんほぐれてきたからね^ ^」

みっちりほぐして、
筋力不足の筋肉に少し刺激を入れて治療終了

「もう一度、痛かった動きやってみて」


『あっ!全然痛くないです!さっきは少しまだ痛かったんですけど、さっきより全然良いです!!』

「良かった!!」

「あとは、練習の前と後に教えたストレッチをしっかりやっておいて下さい!」

『はい!頑張ります!!』

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email