2161740123279939498_IMG_1389

【症例報告】駅伝で走っていて左のもも裏が痛くなりました 40代 男性 ランナー/肉離れ

【症例報告】
駅伝で走っていて
左のもも裏が
痛くなりました

40代 男性
ランナー
肉離れ


2週間前に
駅伝のレース中
左のもも裏に痛みが走る

その後、数日して痛みが和らいだため
駅伝から1週間後に
ハーフマラソンに出場

5キロ程走ったところで
左もも裏に
痛みが走ったため
途中棄権

今回、その痛みの治療に
ご来院下さいました

「今はどうすると痛みがでますか❔」

『普通に生活している時には、
痛みはないんです。
少しペースをあげて走ったりすると
痛みがあります』

「わかりました。前屈はどうですか❔」




『前屈すると、この辺りが痛みます』

まずは、この前屈した時の痛みを
取っていきます


私が肉離れの治療をするときは
いきなり肉離れを起こしている
筋肉に対して

マッサージや鍼や超音波などは
やりません

それは、
なぜその筋肉が肉離れを起こしてしまったのか
根本の原因がわからなくなるからです

なので
患者さんのこれまでのお話や
姿勢
身体全体の関節の動き
身体全体の筋肉の質
などをチェックして

肉離れを起こさせてしまった
本当の原因を探っていきます


まずは、ふくらはぎから

『痛いですねー、、、』

かなり、カチカチでした^^;


少しほぐして、
前屈の動きの確認



「どうですか❔」

『あれ❔さっきより痛くないです、、、❔』

「何回か前屈してみて下さい^ ^」


『最初より痛くないですね』


次に、股関節の動きをよくしてみます
横向きで、がっつりほぐします

『あーー、痛い!!!』

「ごめんなさいー、ちょっと頑張って下さい^^;」


これで、もう一度動きの確認

「前屈してみてどうですか❔」

『やっぱり最初よりいいですね、
痛みが半分くらいになりました』

「良かったです^ ^」


最後に肉離れを起こしている筋肉に
ハイボルテージ治療

そして、リハビリをお伝えし
本日の治療は終了


肉離れを繰り返さないためには、
根本の原因を探し
治療することが大切です

そして
そこを治療していくことによって
さらにパフォーマンスのアップに
繋がると思っています^ ^

ご来院ありがとうございました

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email